banner

はじめに

年齢とともにシワやたるみなど、顔の老化現象が進んでいってしまいますが、その中でも一番老化を感じさせるパーツが「目」だと言われています。特に最近では、パソコンや携帯電話の普及により、日々目にダメージを与えているので、「目の下のたるみが気になる」という人は多いと思います。
コンタクトレンズの使用や、過度のアイメイクなども、将来的な目の下のたるみの原因を作り出す場合もあります。一度たるんでしまった目元を化粧品やマッサージで元に戻すのは、ほとんど不可能と言ってもいいでしょう。

しかし、現在ではそんな気になる目の下のたるみも、美容外科手術で解消することが出来ます。
その方法や種類も様々あり、美容外科によって異なります。ここでは、そんな目の下のたるみ施術にはどのようなものがあるのか、メリット・デメリットも含めてご紹介していきます。
もちろん、費用や手術の手軽さなども各方法によって大きく変わってきますので、ご自身にはどんな施術が一番合っているのかを考えてみる参考にしてみてください。

たるみの原因と、美容施術で必要なこと

まず、そもそもどうして年をとると目の下がたるんできてしまうのか、その原因について説明します。目の下のたるみには、いくつかの原因があります。

① 目元の筋力の低下
顔の筋力が低下すると顔がたるむように、目を支える筋力が低下すると、目元のたるみに繋がります。上記にも示したように、長時間目を疲れさせることをすると、まばたきの回数が減り、筋力の低下を促すといいます。
② 新陳代謝の低下
新陳代謝が悪くなると、目の下の皮膚の薄い部分に老廃物が溜まります。これがたるみの原因となっている場合があります。
③ 乾燥
皮膚が乾燥することで、コラーゲン線維を失い、弾力のないたるんだ目元になってしまいます。紫外線の影響も大きく受けます。
④ 体質的
もともと目の下に脂肪が多い人、皮膚が薄い人は、目の下のたるみが大きく現れるといいます。また、目の大きい人や、もともとクマの出来やすい人に多いようです。

これらの原因からも分かるように、たるみ除去のための美容外科手術では「目の下に溜まった脂肪や老廃物の除去」「弾力の再生」「たるんだ皮膚の切除」などが主に必要になってきます。
次は、どのような施術方法があるのか具体的な病院の施術例を挙げてご紹介します。

Copyright(c) 2014 目の下のたるみボックス All Rights Reserved.